関西電力の金品受領問題などを受け、関電が旧経営陣に損害賠償を求めた訴訟を巡り、最高裁第1小法廷(安浪亮介裁判長)は関電側の代理人弁護士のうち、2人を訴訟から排除するよう求めた旧経営陣側の申し立てを却下する決定をした。排除を認めた大阪高裁決定を破棄した。27日付。

 2人は、関電が旧経営陣の損害賠償責任を調べる目的で設けた取締役責任調査委員会の委員を務めた。第1小法廷は調査委が旧経営陣に事情聴取への協力を求めた際の文書には、聴取結果が訴訟の証拠に用いられる可能性があるとの記載があり、旧経営陣側も当然認識していたと指摘した。