阿波市は、新型コロナウイルス禍や肥料、燃料などの価格高騰で売り上げが減っている農家を支援するため、農業者1人当たり5万円、農業法人1社当たり10万円をそれぞれ支給する「市がんばる農業者応援給付金事業」を始める。

 給付対象は▷市内に住所か事業所がある▷昨年分の売り上げを申告している(認定新規就農者の場合は申告していなくてもよい)▷現在も農業を営んでおり、今後も継続する意思がある―の3要件を満たす農家。市は約2300人の農業者と約70法人への給付を見込んでいる。

 9月1日から申し込みを受け付ける。期間は10月31日まで。事業費1億2200万円を含む2022年度一般会計補正予算が29日の市議会本会議で可決された。財源には国の地方創生臨時交付金を充てる。

 問い合わせは市農業振興課、電話0883(36)8720。