女子シングルス2回戦で敗れた本玉真唯=ウィンブルドン(ゲッティ=共同)

 【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第3日は29日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス2回戦で本玉真唯(島津製作所)はディアヌ・パリ(フランス)に3―6、2―6で敗れた。シングルスの日本勢は姿を消した。

 女子ダブルス1回戦では第5シードの柴原瑛菜(橋本総業)エイジア・ムハンマド(米国)組がサラベス・グレイ、宮崎百合子組(英国)に6―1、6―1で快勝した。第8シードの青山修子(近藤乳業)セン皓晴(台湾)組は中国ペアを7―5、6―3で破った。