日米韓首脳会談などを終え、スペイン・マドリードで記者団の取材に応じる岸田首相=29日(代表撮影・共同)

 【マドリード共同】岸田文雄首相は29日午後(日本時間30日未明)、報道各社の参院選情勢調査で自民党の堅調が伝えられていることに関し「選挙は結果が全てだ。一喜一憂せず、一人でも多くの支持をいただけるよう最後まで政策を訴えたい」と強調した。訪問先のスペイン・マドリードで記者団の質問に答えた。

 選挙の勝敗ラインは従来の非改選を含め与党で過半数に変わりはないと説明。「過半数を取ればいいのではなく、全ての候補者が当選するため全力を尽くす」と語った。参院選後の内閣改造、自民党役員人事については「今は選挙に専念するべきだ。具体的なものは考えていない」と述べた。