花岡事件の慰霊式で献花する参列者=30日午前、秋田県大館市

 第2次世界大戦末期、秋田県の花岡鉱山で、強制連行された中国人労働者が一斉蜂起し、多数が死亡した花岡事件から77年となる30日、大館市の十瀬野公園墓地で市主催の慰霊式が開かれた。

 大館市の福原淳嗣市長が殉難者名簿を奉納し、「犠牲者のつらい境遇に思いをはせ、二度と同じ過ちを繰り返してはならない」と誓った。労働者の遺族の李建国さん(64)は今年で日中国交正常化50周年となることに触れ、「戦争に反対し、平和を守っていくことが日本人と中国人共通の願いだ」とあいさつした。

 花岡事件は1945年6月30日に起き、犠牲者は400人を超えるとされる。