日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は30日、オンラインで臨時実行委員会を開き、ソフトバンクで新型コロナウイルス感染者が相次いだため、7月1日にベルーナドームで予定されていた西武―ソフトバンクの延期を決めた。感染拡大を防ぐためで、ソフトバンクは29日のロッテ戦に続く延期となった。

 ソフトバンクでは和田毅投手や甲斐拓也捕手ら25~29日にスタッフを含め、1軍関係者計18人の感染が判明。30日の検査で1軍関係者に陽性者はいなかったが、NPBの井原敦事務局長は「まだ(感染拡大)リスクの軽減という担保が取れていない」と判断理由を説明した。