今後30年以内に70~80%の確率で発生するとされる南海トラフ巨大地震。2012年に国の被害想定が公表されて以降、徳島、高知両県の沿岸部では津波対策が急ピッチで進められてきた。それぞれの県で最も高い津波が想定される地域の課題を探った。

 徳島県の予測で県内最大の20・9メートルの津波が想定されているのが美波町阿部地区。約120世帯200人が暮らす地域の大半が5メートル以上浸水するとされる。

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。