18番でバーディーパットを沈め、ガッツポーズする岡田晃平。通算15アンダーで優勝した=広島CC八本松

 ゴルフの日本アマチュア選手権は1日、広島県の広島CC八本松(7229ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、2位から出た20歳の岡田晃平(スカイ・ベイ)が67で回り、通算15アンダー、273で逆転優勝した。

 首位でスタートした古川龍之介(日大)は最終日70で1打差の2位、68をマークした☆(せみ)川泰果(ライオンズC)が通算12アンダーで3位となった。

(注)☆は虫ヘンに憚のツクリ