講演する渡辺努東大教授=1日午後、東京都千代田区

 物価研究が専門の渡辺努東大教授は1日、東京都内で講演し、日銀の黒田東彦総裁が言及、その後撤回した「家計の値上げ許容度も高まってきている」との発言について「言葉のチョイス(選択)は工夫の余地があったのかもしれない」と述べた。

 黒田氏は発言の根拠として渡辺教授の調査結果を引用したが、調査では「家計の値上げ耐性が高まった」との表現を使っていた。黒田氏の言い回しには物価高に苦しむ生活者への配慮が欠ける面があったとして、やんわりと批判した形だ。