群馬県沼田市の小学校で教員が理科の実験でこぼしたメタノールが燃え、児童4人がやけどを負った事故で、教員が容器に入ったメタノールを温める際、教科書の記載では湯せんで温めるべきところを、カセットこんろの火で直接熱していたことが1日、市教育委員会への取材で分かった。

 県警によると、6月30日午前11時40分ごろ、市立沼田小で、教員が教卓でこぼしたメタノールに引火、約3~4メートル離れていた6年生の児童4人がけがをし、うち1人は両腕に重傷を負った。

 市教委によると、教員は光合成の授業で葉っぱを脱色するためにメタノールを温めようとしていた。