オーストラリアのアルバニージー首相(左)と握手するフランスのマクロン大統領=1日、パリ(ロイター=共同)

 【マドリード共同】フランスのマクロン大統領は1日、パリの大統領府にオーストラリアのアルバニージー首相を招いて会談した。両首脳はオーストラリアの前政権下で傷ついた両国間の信頼を再構築し、関係の「新たな出発」(アルバニージー氏)を図ると訴えた。

 両国関係は、オーストラリアのモリソン前政権が昨年、米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設でフランスとの潜水艦共同開発計画を一方的に破棄したことで悪化した。

 マクロン氏は会談前、記者団に「相互の敬意に基づく関係を築き直す」と強調した。アルバニージー氏は「信頼、敬意、正直さが重要だ」と応じた。