ウエスタン・リーグの中日戦で、1回左中間へ適時二塁打を放った広島新加入の秋山=由宇

 日本球界に3年ぶりに復帰した広島の秋山翔吾外野手が2日、ウエスタン・リーグの中日戦に3番・左翼で先発出場し、一回1死一塁で左中間へ適時二塁打を放った。三回は四球を選び2打席で退いた。

 新天地で初めての実戦となった34歳の左打者。左腕、橋本の外角直球を鋭いスイングではじき返した先制打に「しっかりとつかまえられた」と手応えが残った。守備や走塁でも軽快な動きを見せ「けがなく終わったので、第1段階としてはよかった」と評価した。

 山口県岩国市の球場に1160人のファンが集まった。「期待もされていると思う。またいいプレーが見せられるようにやりたい」と感謝を口にした。