日本原燃は3日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)で高レベル放射性廃液を保管している液槽の冷却機能が失われ、約8時間後に復旧したと発表した。外部への漏れなど環境への影響はないとしている。

 原燃によると、液槽には水を循環させて冷却させる設備が2系列ある。2日午後3時半ごろ、B系列にある弁が閉まった。A系列は工事のため止まっていた。当直員が手動で弁を開き、2日午後11時40分ごろ冷却を再開した。

 廃液は通常25度前後だが、冷却再開時は32度だった。この液槽の容積は5立方メートルで2・6立方メートルの廃液が入っている。