一面に咲き誇るヒマワリ=吉野川市川島町の善入寺島

一面に咲き誇るヒマワリ=吉野川市川島町の善入寺島

 阿波、吉野川両市の吉野川中流にある善入寺島でヒマワリが咲き誇っている。気温が30度を超す日が続く中、連日、高越山との競演をカメラに収める写真愛好家や家族連れらが訪れている。

 7月末まで種まきが行われ、8月末ごろまで楽しめる。地域活性化につなげようと、吉野川善入寺土地改良区の組合員らが育てている。ヒマワリ畑は島内に点在し、計約25ヘクタールで順次開花する見通し。

 阿波市土成町の小学1年男児(7)と妹(5)はうだる暑さの中、「いっぱい咲いている」と笑みをのぞかせた。母親(38)は「暑さに負けずにまっすぐ育つヒマワリに元気をもらう。酷暑を乗り切りたい」と大粒の汗を浮かべていた。

【動画】https://youtu.be/USXrW8ve2ic