台風4号の5日先予想進路(3日18時現在)

台風4号の接近に伴いどんよりとした雲に覆われた徳島市沖洲地区=3日午後5時ごろ、同市東沖洲2

 台風4号は3日、沖縄沖の東シナ海を北上した。4日にかけて北上を続け、次第に進路を東寄りに変えて5日は九州にかなり接近し、上陸するとみられる。その後、西日本、東日本を横断し、徳島県内には6日午前に最接近する見通し。速度が比較的遅いため影響が長く続き、大雨になる恐れがある。徳島地方気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけている。

 気象台によると、台風の接近に伴って南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、県南部を中心に局地的に激しい雨が降る見込み。4日正午までの24時間予想雨量は多い所で南部80ミリ、北部50ミリ。その後の24時間は南部100~200ミリ、北部50~100ミリ。

 5日午後から強風域に入り、予想される最大風速(最大瞬間風速)は陸上が10~14メートル(20~25メートル)、海上が15~19メートル(20~30メートル)。海は5日未明から荒れ、波の高さはうねりを伴い、3メートルとなる見通し。

 台風は3日午後6時現在、東シナ海を1時間に約15キロの速さで北寄りに進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の東側220キロ以内と西側165キロ以内は風速15メートル以上の強風が吹いている。