自分の描いた絵を触って反応を楽しむ子どもたち=徳島市東新町1の「チームラボアイランドミニ 阿波踊りパーク」

 徳島市出身の猪子寿之社長が率いるIT会社チームラボ(東京)のデジタルアートのイベント「お絵かき阿波踊り」(県主催)が9日、同市の東新町1丁目商店街のカフェ「チームラボアイランドミニ 阿波踊りパーク」で始まり、親子連れらでにぎわった。

 男の子や女の子が描かれた下絵に色を塗り、スキャナーで取り込むと、大型スクリーンに立体的に映し出される仕組み。ぞめきが流れると全員が一斉に阿波踊りを踊りだす。子どもたちは自分で描いた絵を触ったり、一緒に踊ったりしてはしゃいでいた。

 子ども2人と訪れた真渕絵美さん(35)=同市南田宮2、主婦=は「子どもでも手軽に楽しめ、自分で描いた絵が動く体験をできるのがいい」と話した。

 お絵かき阿波踊りは、チームラボが開発したオリジナル作品。11月29日までの午前10時~午後6時に開催する。入場料は大人300円、高校生以下無料。