マレーシア・オープンの男子ダブルス決勝でインドネシアのペアと対戦する保木卓朗(手前)、小林優吾組=3日、クアラルンプール(AP=共同)

 バドミントンのマレーシア・オープンは3日、クアラルンプールで各種目の決勝が行われ、男子ダブルスで保木卓朗、小林優吾組(トナミ運輸)がインドネシアペアを2―1で下し、優勝した。

 男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は東京五輪覇者で世界ランキング1位のビクトル・アクセルセン(デンマーク)に0―2で敗れ、準優勝だった。(共同)