10日の参院選投票を前に、徳島市の徳島商業高校で6月30日、若者の政治参加向上のために活動している「笑下村塾」(東京)の出前授業があり、3年生約280人が政治への関心を深めた。

たかまつななさん(右端)、谷口茉妃菜さん(左から3人目)らとともに楽しみながら政治について関心を深めた徳島商業高校の生徒=徳島市の同校

 塾の発起人で、総務省の選挙授業動画の監修・出演をしているお笑い芸人・たかまつななさんが「笑える政治教育ショー」と題して、お笑いを切り口にして選挙について講演。選挙を芸人のネタ選びにたとえ、芸人がうけるために客層に合ったネタを披露するのと同様に、政治家も当選するために投票率の高い高齢者層に合った公約を掲げるとし、「若者は選挙に行かないから損をしている」と訴えた。

 続いて行った「逆転投票シミュレーションゲーム」では、生徒がそれぞれ年代や職業が異なる有権者になりきり、「50歳以下に選挙権なし」という極端なルールを議題に意見を交わした。アイドルグループ「STU48」のメンバーで、県出身の谷口茉妃菜さんらがゲストで出演し、生徒たちは楽しみながら政治に関わる意識を高めた。

 廣田七海さん(18)は「自分たちの一票が単なる数合わせじゃなく、それがないと民主主義が成り立たない大切なものだと実感できた」と話した。

 笑下村塾は「笑いで世直し」を理念に2016年から全国で出前授業をしており、今回は徳島県が19年参院選で全国最低の投票率(選挙区38・59%)だったことから高校に呼び掛けるなどして企画した。1日には徳島市立高でも授業を行った。(植田充輝)

【動画】https://youtu.be/w7KSDgQzDCU