西日本豪雨で被災した県道粟山殿野線。今も復旧工事が続いている=三好市山城町粟山

 2018年7月に甚大な被害をもたらした西日本豪雨で、最初の大雨特別警報が出てから6日で4年になる。土砂崩れが相次いだ三好市では道路の9割以上が復旧したものの、甚大な被害が出た山城町では依然として道路や地すべり対策の工事が続き、完全復旧には至っていない。3地区の10世帯16人は今も自宅に戻れず、市営住宅などで「仮住まい」の生活を送る。

 市によると6月末時点で避難生活しているのは、いずれも山城町の▷粟山地区7世帯11人▷平上地区2世帯3人▷光兼地区1世帯2人―の計10世帯16人。このうち7世帯11人が市営住宅に、2世帯4人は高齢者施設に入り、1世帯1人が親戚宅に身を寄せている。

 昨年同時期は4地区の11世帯18人だった。今年3月末に、市営住宅に避難していた山城町中野有宮地区の1世帯2人が帰宅した。

 自宅周辺の道路が復旧するなどして避難が解除された後も、再び災害が起きるのを懸念して自らの意思で市営住宅などに住み続ける人は避難生活者に含まれていない。

 災害が発生した当初、市内では山城町の37世帯73人、池田町1世帯3人、西祖谷山村1世帯1人の計39世帯77人が避難し、避難生活中に4人が亡くなった。

 県と市によると、損壊した道路計84カ所(県管理国道10カ所、県道8カ所、市道66カ所)のうち、80カ所が今年6月末までに復旧した。残る県道1カ所と市道3カ所で工事が進んでおり、県と市は本年度中の復旧を目指している。

【関連記事】西日本豪雨4年 三好市の避難住民、集落への郷愁やわが家再建・・・先行きに不安
https://www.topics.or.jp/articles/-/731666

【関連記事】西日本豪雨4年 三好市の集落で暮らす人、鉦踊りの準備始める 「体が動くうちはこっちで暮らそうと」
https://www.topics.or.jp/articles/-/731667