6月27日にグランドオープンした「TABEGORO BENTO」=藍住町笠木

 定食専門店「食べごろ」(北島町)が、テークアウト弁当の販売店「TABEGORO BENTO」を藍住町に6月27日オープンさせた。国産食材にこだわり、本店で提供している料理に加えて限定メニューも用意し、和洋46種類がそろう。

阿波牛黒牛ロースステーキ弁当(1550円)とパイナップル&パッションフルーツ&ナタデココ(400円)

 店内は白を基調としたモダンな雰囲気だ。店のイチオシは「阿波牛黒牛ロースステーキ弁当」(1550円)。ほんのり赤みが残る程度に焼き上げた肉は柔らかく、脂身にコクと甘みがある。自家製しょうゆソースをかけていただこう。

九州ゆず豚の西京焼き(920円)=食べごろ弁当提供
カレイの甘酢あんかけ弁当(810円)=食べごろ提供

 他にも、みそだれがしっかりと染み込んだ「九州ゆず豚の西京焼き」(920円)や、カリカリの骨せんべいも付いた「カレイの甘酢あんかけ弁当」(810円)などがある。ご飯はプラス30円で白米をもち麦米に変更できる。

左から、グレープフルーツ、ストロベリー、パイナップル&パッションフルーツ(各400円)=食べごろ提供

 藍住のみで販売しているドリンクも注目。「ナタデココ入りフルーツジュース」(グレープフルーツ、ストロベリー、パイナップル&パッションフルーツ、各400円)は、凍らせたフルーツを細かく砕いて入れていて、ストローで飲みながら食べる新感覚が楽しめる。「タピオカドリンク」(チョコ、抹茶、ミルクティー各400円)も暑い時季には飲みたくなる。

 事前予約に対応しているため、待ち時間を短縮できる。オーナーの石川貴大さん(44)は「バリエーションが豊富なので選ぶ楽しさを味わい、本店にも足を運んでいただけるとうれしい」と話した。(富樫陸)

白を基調としたモダンな店内

店舗データ
・住所=藍住町笠木字中野106
・営業時間=午前10時~午後6時
・定休日=日曜
・問い合わせ=088―676―3364
・駐車場=5台

その他の新店情報はこちら