新型コロナウイルスのオミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 国内の新型コロナ新規感染者数の推移

 国内で6日、新たに報告された新型コロナウイルス感染者が4万5千人を超えた。前週の同じ曜日からほぼ倍増し、全都道府県で増えた。4万人を上回るのは5月18日以来、約2カ月ぶり。感染が広がりやすいとされるオミクロン株の新たな派生型「BA・5」への置き換わりが急速に進んでいるとみられ、流行「第7波」の懸念が強まっている。

 厚生労働省は6日までに、医療提供体制の点検と強化を都道府県などに文書で要請。政府は、都道府県が行う「県民割」を広げる形の全国旅行支援について、予定していた7月前半の開始を延期する方向で調整に入った。参院選後の来週に最終判断する。