【ソウル共同】韓国の尹錫悦大統領は6日、陸海空軍の本部がある中部忠清南道・鶏竜台で、各軍指揮官や国防相らと会議を開き「北朝鮮が挑発行為に出る場合、迅速かつ断固として報復しないといけない」と述べ、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制した。

 尹氏は、韓国の安全保障環境は厳しいと指摘し、米国が核兵器と通常戦力で韓国の防衛に関与する「拡大抑止」の実効性を「米韓同盟に基づき高めねばならない」と主張。韓国軍が独自に北朝鮮に対応する能力と防衛体制を備える必要があるとした。

 AIなどを活用した戦力強化を指示し「科学技術を国防分野に取り入れて脅威に備える」と述べた。