[友釣り]<勝浦川>12日、まだ少し増水気味だが、水温が上がりコケが付きだしたようだ。上勝落合周辺で17時半から約1時間、地元の人が17~21センチのアユ7匹。11日も同所で16時半から1時間ほどサオを出し17~22センチを14匹。

 [磯]<大島>12日、下り潮で水温24~24・5度。ノコギリで30~34・5センチのイサギ8匹と30、35センチのマルソウダ2匹。同所とジイで底物を狙った人は40、61センチのイシダイ1匹。ソエバでも37センチを2匹と35センチのイシガキダイ1匹。

 <愛媛・武者泊>12日、少しうねりがあった。水温25度。本バエ回りのナガハエで那賀町の人がウキ下1~2ヒロで25~30センチのイサギ50匹。小型のグレは多く釣れたが全て再放流。また、サメの回遊もあり、掛かった魚に食い付くようだ。

 [イカダ]<ウチノ海>11日、ヤカタで沖アミを餌にフカセ釣りで25~30センチのマダイ10匹。良型のアタリも数回あったが、ロープに巻かれバラシがあった。サヨリ狙いは25~32センチが180匹。別のヤカタでも2人が200匹。別の2人も200匹。

 [船釣り]<伊島沖>12日、ささ濁り。乗合船でイサギ狙いで出掛けた船がフカセ釣りで30~37センチを40~50匹。ズボ釣りでも28~33センチを60~70匹。28センチ以下は全て再放流した。フカセ釣りは型が良く、ズボ釣りは数が釣れた。12時ごろに大型クーラーが満杯になり早々に納竿した。別の船は本ガツオ狙いで出船し、50~55センチを7匹。

 <牟岐沖>12日、上り潮のち下り潮、水温25・5度。仕立船で出掛けた2人がフカセ釣りで型は未確認だがヒラソウダ30匹とマルソウダ15匹、サバ3匹、イサギ3匹。

 <蒲生田沖>11日、南西の弱い風で、速い満ちの潮が流れた。自家用船で出掛けた阿南市の3人が13時半から3時間半、90~150グラムのオモリでオレンジ、赤茶色のスカートを交換しながら探り、40・5~76・5センチのマダイ3匹と25、28センチのイトヨリ2匹、40センチのアマダイ1匹。風向きと潮の流れる方向が同じな上に潮の流れが速く、底が取りづらかった。スカートは数本より数多く付けた方がアタリが多かった。

 [波止]<和田島漁港>12日、ささ濁りで潮はあまり動かなかった。夕方の2時間ほど沖アミを餌にフカセ釣りした人が34、41センチのキビレ2匹と40センチのチヌ1匹。(県釣連盟報道部)