無料配布された徳島新聞を受け取る高校生ら=徳島駅前

 第68回新聞週間(15~21日)に合わせ、徳島新聞社と朝日、毎日、読売、日本経済の各新聞社、県内の新聞販売店158店でつくる県支部新聞公正取引協議会は15日、徳島駅前で新聞購読を呼び掛ける街頭活動を行った。

 販売店主ら約15人が「新聞週間です。ぜひ読んでください」と声を掛けながら、各紙の15日付朝刊計300部を通勤客らに手渡した。新聞の仕組みや活用方法がまとめられた資料も配った。

 新聞を受け取った徳島市助任本町6、介護職員中内勝喜さん(53)は「休日には高校1年の息子と一緒に読んで、スポーツの話題などで盛り上がる」と話していた。