ウェイクボードで豪快にジャンプ=三好市池田町

 「四国のへそ」と呼ばれる三好市の池田ダム湖(イケダ湖)に、多彩なウオータースポーツを楽しめる「Hessokko(へそっこ)水あそびパーク」が15日グランドオープンする。山々に囲まれた中、自然を満喫しながら家族で一日過ごせるスポットとして注目されそうだ。

ペットも一緒に楽しめるサップ

 体験できるのは、スタンド・アップ・パドルボード(SUP)やカヌー、ウェイクボード、水圧で空を飛ぶフライボードなど10種目以上。池田湖水際公園を拠点にウオータースポーツを推進する一般社団法人「地球のテーマパーク」が運営し、吉野川上流でのラフティングなどもオプションで用意する。精通したプロ選手やインストラクターが常駐しているので、初心者でも体験できる。

湖畔の景色を眺めながらカヌーを体験

 湖畔からの景色も格別で、周囲の緑に加え、頭上には徳島自動車道が通るアーチ橋の「池田へそっ湖大橋」があり、その迫力を間近で感じられる。

 対象は小学生以上。洪水などで危険を伴うと判断される場合を除き、原則無休で雨天時もオープンする。遊んだ後に汗を流すシャワーを完備している。

地元食材をふんだんに使ったBBQ=Hessokko水あそびパーク提供

 地元で採れた野菜やジビエ(野生鳥獣肉)などのバーベキュー(BBQ)も提供する。用具も施設が用意してくれるので、手ぶらでいいのがありがたい。三好の魅力が詰まった食材を頰張ろう。

 料金は1種目6000円からで、BBQは1人4000円。オープン記念として、ウオータースポーツ何種目でも遊び放題とBBQのセットを1万円(通常1万2千円)にする。

 イケダ湖は2018年にアジアで初めて、ウェイクボードの世界選手権が開催された。17年には吉野川上流でラフティングの世界選手権が日本で初めて開かれており、観光資源として県内外から多くの人が足を運ぶ。地球のテーマパークは、ウオータースポーツの魅力を伝えるのはもちろん、商店街など地域の活性化にもつなげ、三好市の情報を発信できる場にすることを目指す。

 インストラクターの林涼平さん(26)は「大自然を体で満喫できる。おへそ(中心)から四国全体を盛り上げていきたい」とコメントした。(富樫陸)

施設情報
住所=徳島県三好市池田町イタノ3307-1 イケダ湖ログハウス
営業時間=午前9時~午後6時
定休日=無休
問い合わせ=0883ー70ー0130
駐車場=あり

【動画】https://youtu.be/8OP9ohUwJJA