受刑者が作った革靴を手に取る来場者=徳島市入田町の徳島刑務所

 服役中の受刑者が作った製品を展示・即売する第34回徳島矯正展が17日、徳島市入田町大久の徳島刑務所で開かれた。

 家族連れら約2500人が来場。全国約30カ所の刑務所で作られた木工製品や金属製品など約3800点が販売された。徳島刑務所からは牛革製の靴や藍染の手ぬぐいなどが出品され、多くの来場者が買い求めた。

 婦人靴を購入した板野町新田、農業増田文子さん(64)は「品質が良く安かったので、思わず購入した」と話していた。