一斉に海に入るトライアスロン参加者=美波町の大浜海岸

 県内唯一のトライアスロン大会「第19回ひわさうみがめトライアスロン」(美波町など主催)が15日、町中心部であり、県内外の男女679人が挑んだ。

 午前9時、参加者は大浜海岸を一斉にスタートし、1・5キロの水泳、南阿波サンラインを走る40キロの自転車、日和佐川沿い10キロのランニングに挑んだ。沿道では地元住民が拍手や声援を送って、過酷なレースを繰り広げる選手を励ました。

 完走者は634人(男子482人、女子90人、リレー21組=62人)で、男子は京都府舞鶴市の村中大輔さん(33)が2時間13分12秒、女子は大阪府八尾市の山内麻代さん(32)が2時間28分49秒でそれぞれ初優勝。2、3人一組で競うリレーは高松市の「Toshi道場(美女と野獣)」が2時間27分40秒で制した。

 県勢の最高順位は、男子が藍住町の堀江謙一さん(36)で13位(2時間22分48秒)、女子は北島町の先田由紀さん(45)の6位(2時間43分52秒)だった。