「黒い藍」。黒に近い、濃い藍色だ。その色が上板町瀬部の藍師・染師、渡邉健太さん(36)の心を捉えて離さない。山形県出身、藍染職人を志して縁もゆかりもない上板町に身を投じて10年。いかにして濃い色を出すか。節目を迎えてなお、貪欲に進化を求める…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。