第76回徳島県中学校総合体育大会(県中体連、県教委、徳島新聞社主催)最終日は24日、2競技が行われ、新体操女子は羽ノ浦が2大会連続12度目の優勝を果たした。空手道男子の団体組手は津田が初優勝、団体形は小松島が3年ぶり2度目の頂点に立った。女子の団体組手は小松島が初優勝した。上位の団体や個人は、全国中学校体育大会(8月17~25日・北海道、東北ブロック)の出場を懸け、四国中学校総合体育大会(7月30日~8月11日)に出場する。県総体は新型コロナウイルスの感染状況を踏まえて各競技ごとに人数制限を行い、3年ぶりに有観客で実施された。

第76回徳島県中学総体の日程などをまとめた特集はこちら
https://www.topics.or.jp/feature/juniorsoutai2022