28日に徳島市のアスティとくしまで開かれた全国高校総合体育大会(インターハイ)の総合開会式では、県内5校の約200人が式典のハイライトとして公開演技を披露し、会場を盛り上げた。全国の選手団は大喜びで、大役を務めた出演者は満足した様子。運営ボランティアとしても多くの高校生が携わり、徳島ならではのおもてなしで来場者を迎えた。

 公開演技は、四国遍路の旅を通じて豊かな自然やお接待文化に触れ、困難を乗り越えて成長する高校生の物語をダンスや音楽などで表現。華やかなプロジェクションマッピングが映し出された舞台で、出演者はエネルギッシュな踊りや息の合ったマーチング、力強い和太鼓演奏を繰り広げた…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。