高校野球の第68回秋季四国地区大会は24日、鳴門オロナミンC球場とアグリあなんスタジアムで開幕し、1回戦4試合が行われた。徳島2位の城南は2―3で土佐(高知3位)に逆転負けを喫し、徳島3位の池田は3―6で高松商(香川2位)に敗れた。済美(愛媛3位)が9―1で高知商(高知2位)に七回コールド勝ちを収め、新田(愛媛2位)が16―3で英明(香川3位)を下し、それぞれベスト8に進出した。第2日の25日は2球場で準々決勝4試合が行われ、4県のシード校が登場する。徳島1位の鳴門は午後0時半から鳴門オロナミンC球場で済美と4強を懸けて戦う。