総合建設業の勝浦建設(勝浦町)は、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に積極的に取り組むことを誓う「SDGs宣言」を策定した。

 人財育成や社員の健康促進により、生き生きと働きやすい環境づくりに努めることなどを盛り込んでいる。徳島大正銀行が策定を支援した。

 主な取り組みは次の通り。

 【無事故無災害、安全第一の徹底】

 ・法令順守の徹底

 ・時間外労働削減の徹底

 【確かな技術と品質の向上で、顧客の満足と信頼を得る】

 ・品質マネジメントシステム「ISO9001」の認証取得

 ・顧客ニーズの把握

 【自然環境に貢献する土木設計・施工サービスを提供する】

 ・建設副産物の発生制御、再利用の促進

 ・エコカーの導入

 【地域社会に貢献する】

 ・地域福祉などへの協賛寄付や活動への参画

 ・地元人財の採用