遺品整理業のアイヒン(石井町)は、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に積極的に取り組むことを誓う「SDGs宣言」を策定した。

 サービスに関する顧客の意見やニーズを積極的に収集し、改善検討を行う経営を目指すことなどを盛り込んでいる。阿波銀行が策定を支援した。

 主な取り組みは次の通り。

 【顧客ニーズや課題の把握・改善】

 ・2022年10月までに、遺品整理業務に関する顧客満足度アンケートを作成し、全顧客に調査を実施

 【社会・地域活動の情報発信の推進】

 ・会社ホームページやSNSで「地域施設への遺品回収物品提供」の活動内容を年4回発信

 ・地域のボランティア清掃活動に年2回参加

 【情報漏えいの防止】

 ・情報管理の徹底や情報セキュリティの高度化へ、24年までにセキュリティ対策ツールを導入

 【働きがい】

 ・遺品整理業務に準ずる資格試験を積極的に受験する社員に対して奨励金制度を設け、24年度までに合格者を2名輩出