ゆっくり感情をこめて絵本を読む佐藤さん。

【ボランティア】
 佐藤貢さん(69・徳島市出身)

 毎月第3日曜に徳島市のふれあい健康館で開催している「絵本であそぼう!エンジョイ イングリッシュ」。0歳から小学生の子どもたちを対象に、英語の絵本を読んだりゲームをしたりして楽しむ会だ。主催しているのは徳島市国際交流協会で、佐藤さんは約10年ほど前からボランティアとして携わっている。「身近にあるものを英語で何と言うのか。それがわかったとき、子どもの目が輝くんです」と嬉しそうに話す。「英語を勉強してもらおうという大げさなことではなく、気楽に親しんでもらえたら」とにっこり。エンジョイ イングリッシュでは、体を動かす準備体操からスタート。踊ったり歌ったりして子どもたちの気分をほぐした後、アメリカ出身のジュディスさんが滑らかな英語で絵本を読む。続けて佐藤さんらボランティアスタッフが同じ絵本を日本語で読み、子どもたちの理解を深める。「小さな子がぐずったりすると保護者の方は気を遣って会場を出て行ってしまうのですが、そんなことは気にせず留まってほしいです。子どもが感情に素直なのは当然ですから」と柔和に話す。

 18年前、姪の結婚式でロンドンを訪れたことがきっかけで本格的に英語を学ぶようになった佐藤さん。「現地の英語が聞き取れなくてショックだったんです。英語が話せたらどういう交流が生まれるのか、自分の視点や視野はどうなるのかという興味もありました」。英語でスピーチスキルを磨く「徳島トーストマスターズクラブ」に所属し話術を鍛えつつ、2つの英会話教室にも通っている。「目標はネイティブとの日常会話が成立すること。首を傾げられる回数を限りなくゼロにしたいです」とやる気に満ちる。

>>絵本であそぼう! エンジョイ イングリッシュ
次回は9/18(日)10:00~10:50
ふれあい健康館2階和室/参加無料/予約不要
(8月はお休み)