【マニラ共同】フィリピンのマルコス大統領は6日、ブリンケン米国務長官との会談冒頭で、ペロシ下院議長の訪台に関し「(米中の)対立を激しくしたとは思わない」と述べ、台湾の緊張を高めていないとする米側の主張に理解を示した。