剣道女子団体予選リーグ・小牛田農林(宮城)戦で果敢に攻め込む八代白百合の副将松山(右)=高知県立春野総合運動公園体育館

剣道女子団体予選リーグ・小牛田農林(宮城)戦で果敢に攻め込む八代白百合の大将岩原(右)=高知県立春野総合運動公園体育館

剣道女子団体予選リーグ・広(広島)戦で果敢に攻め込む富岡東の大将谷村(左)=高知県立春野総合運動公園体育館

 四国4県を舞台とする全国高校総合体育大会(インターハイ)第15日は6日、高知市で剣道の女子団体が始まり、徳島中出身の岩原千佳と松山若樹(わかな)が主力の八代白百合学園(熊本)が、3チーム総当たりの予選リーグB組を突破した。勝者の数で先行したライバルチームに対し、副将松山、大将岩原が連勝して逆転した。徳島県の富岡東は予選リーグで敗れた。

 B組のライバル三養基(佐賀)が先に2試合を終えて勝者数は4人。対する八代白百合学園は残り1試合を残して勝者1人と大きくリードを許していた。

 「焦っても仕方がない。一人一人が目の前の相手に集中しよう」と澤田監督がげきを飛ばす。先鋒(せんぽう)と次鋒が勝って中堅が分け、迎えた松山の副将戦。出だしからバネのような俊敏な動きで相手を圧倒し、立て続けに2本のメンを決めて勝者数を4―4とした。

 タイのままだと代表戦までもつれ込む。「自分で勝って決めたい」と臨んだ大将戦。岩原はどっしりとした構えで相手の出方を冷静に見極め、見事メンで一本勝ちを収めて、勝者数5―4で予選突破を決めた。

 「集中してやるべきことをやれた」と岩原。目指す団体日本一へ、「2人大将」の奮闘でまずは最初のハードルを乗り越えた。

四国インターハイ2022の日程などをまとめた特集はこちら
https://www.topics.or.jp/feature/soutai2022/tokushima