国土交通省は大雨に伴う6日午前10時半現在の被害状況をまとめ、10県の62河川で氾濫が起きたと発表した。土砂災害は7県で計29件となった。

 国交省によると、河川氾濫はこれまで発表があった9県に加え、岩手県で新たに判明。土砂災害は山形県でも発生が確認された。