船用器具販売業の大鳴マリーナ(鳴門市)は、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に積極的に取り組むことを誓う「SDGs宣言」を策定した。

 クルージング事業を通じて地域の観光振興などを盛り込んでいる。徳島大正銀行が策定を支援した。

 主な取り組みは次の通り。

 【地元の豊かな海を生かした新たな観光事業への取り組み】

 ・鳴門の海を満喫することができるクルージング事業への取り組み

 ・地元の観光資源を積極利用

 【地元の海を守り抜くための環境対策】

 ・社内での廃棄物削減やリサイクルへの取り組み

 ・不法係留問題削減に向けた取り組みを実施

 【働きやすい職場環境の構築】

 ・会社負担での資格取得支援

 ・時間外労働の削減

 【企業の地域貢献】

 ・地元のホテルや旅行代理店と連携した観光事業への取り組み

 ・海の安全を守るための地方公共団体との連携強化