木頭ゆずの生産加工販売を手掛ける黄金の村(那賀町)は、オーストラリア原産のかんきつ類フィンガーライムの本格出荷を始めた。粒状の果肉と食感から「森のキャビア」とも呼ばれる高級食材で、洋食の付け合わせによく用いられる。国内での生産量は少なく、ユズに続く特産にしようと同社の電子商取引(EC)サイトなどで飲食店や個人向けに販売を始めている。

 フィンガーライムは指のように細長い円筒形の果実で、小さな粒々の果肉が詰まっており、爽やかな香りとプチプチとした食感が特徴。フランス料理でサラダや肉・魚料理に添えられることが多く、世界的に栽培が広がっているものの、国産は少ない。