杏里さん

 人気ポップス歌手オリビア・ニュートン・ジョンさんの訃報に、デビュー曲「オリビアを聴きながら」で知られる歌手の杏里さんが9日、「私にとっての大切な宝物、光を失ってしまいました」などとするコメントを発表した。

 杏里さんは同曲で1978年にデビュー、「あなたがいたから、この作品が生まれ、今の私があります」と感謝。数年前に直接対面した時の笑顔や言葉が今も心に残ると振り返った。

 同曲を作詞、作曲した尾崎亜美さんもツイッターに、オリビアさんのアルバムのタイトル「Making a Good Thing Better」に触発され、この曲を作ったと感謝の思いを投稿した。