全国高校総合体育大会(四国インターハイ)第16、17日は7、8の両日、愛媛県で体操競技が行われ、女子団体の徳島市立は予選で敗退した。

 【男子】個人総合予選(28)木下桜(小松島)76・231点(床運動13・200、あん馬12・300、つり輪12・166、跳馬13・566、平行棒12・866、鉄棒12・133)=決勝進出(107)村上侑真(鳴門)69・931点(12・266、12・033、11・066、12・700、10・566、11・300)=落選

 【女子】団体総合予選(39)徳島市立(麻植、本田、田野)117・097点=落選

 ▽個人総合予選(157)麻植琴乃夏(徳島市立)40・833点(跳馬11・833、段違い平行棒8・400、平均台10・200、床運動10・400)(169)本田未来(徳島市立)40・265点(11・666、7・100、11・333、10・166)(181)福田和加(鳴門渦潮)39・533点(11・533、9・600、7・900、10・500)(220)田野裕希(徳島市立)35・999点(11・500、3・733、10・033、10・733)(235)沖百華(小松島)31・965点(11・866、0・000、10・566、9・533)=以上落選

四国インターハイ2022の日程などをまとめた特集はこちら
https://www.topics.or.jp/feature/soutai2022/tokushima