列島は9日、東日本や西日本を中心に高気圧に覆われ、東京都心では午前11時50分ごろ、35・0度を観測した。気象庁によると、都心で35度以上の猛暑日となるのは今年14回目で、統計のある1875年以降、年間で過去最多となった。

 各地でも朝から気温が上昇。午前11時現在、全国914観測点のうち30度以上の真夏日となったのは628地点、猛暑日はうち24地点に上った。

 都心でのこれまでの記録は1995年と2010年の13回だった。