命の尊さを伝え続けた吉野川市出身の児童文学作家原田一美さん(1926~2016年)の作品と生涯を紹介する特別展「原田一美―子供たちへの伝言」が、11日~9月25日に徳島市の県立文学書道館で開かれる。徳島ゆかりのテーマにこだわり、そこに暮らす人々を描き続けた。「ホタルの歌」「嵐の中に咲いた花」など人間愛と平和への思いが込められた20編余りの作品に焦点を当て、作家の温かなまなざしに迫る。開館20周年記念展。

 小学校の教員でもあった原田さんが、山の学校の児童と共に取り組んだ研究を題材にしたのが「ホタルの歌」。舞台は吉野川市美郷の中枝小学校…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。