第60回四国中学校総合体育大会第10日は9日、鳴門アミノバリューホールで行われた卓球の男子団体は津田が決勝に進出。明徳義塾(高知)に敗れたものの、四国2位で全国中学校体育大会(全中)の出場権を獲得した。女子の北島は準決勝、代表決定戦で敗退した。男子個人シングルスの引地亮斗(南部)が4強まで進み、全中出場を決めた。(個人の記録は決勝、1位と徳島県関係の準々決勝以上)

 【男子】団体決勝トーナメント準決勝 明徳義塾(高知)3―0城西(愛媛)

津田3―2高知大付

鶴羽0(7―11、8―11、7―11)3濵田

田中1(11―8、8―11、4―11、10―12)3藤田

米山・六田3(11―8、11―8、11―9)0的場・刈谷

辻田3(11―7、5―11、11―6、11―3)1筒井

岡久3(11―7、12―10、11―6)0中越

 ▽代表決定戦 城西3―2高知大付

 ▽決勝

明徳義塾3―0津田

立藤3(11―8、11―6、11―0) 0岡久

齋藤3(11―4、11―6、11―7)0辻田

西川・長谷川3(11―6、11―3、11―4)0六田・米山

内山 ― 田中

滋野 ― 鶴羽

 明徳義塾は18大会連続25度目の優勝。

 ▽個人シングルス準々決勝 引地(南部)3―0立藤(高知・明徳義塾)▽準決勝 中城(愛媛・勝山)3―2引地▽決勝 齋藤(高知・明徳義塾)3―1中城

 【女子】団体決勝トーナメント準決勝 土佐女子(高知)3―1今治日吉(愛媛)

明徳義塾3―0北島

駒瀬3(11―8、11―5、9―11、8―11、11―4)2加島彩

竹本3(11―4、11―2、11―9)0加島由

石井・小橋3(11―1、11―4、11―8)0荒井・山下

立川 ― 桜井

吉田 ― 中川

 ▽代表決定戦

今治日吉3―2北島

吉武0(5―11、10―12、7―11)3加島由

河端1(5―11、10―12、11―8、8―11)3加島彩

小西・大澤3(11―6、4―11、11―8、11―6)1山下

中川・阿部3(11―5、11―5、11―2)0荒井

増田3(11―4、9―11、11―0、11―3)1桜井

 ▽決勝 明徳義塾3―0土佐女子

 明徳義塾は12大会連続17度目の優勝。

 ▽個人シングルス決勝 松本(高知・土佐女子)3―2立川(高知・明徳義塾)▽代表決定戦1回戦 駒瀬(高知・明徳義塾)3―2佐竹(山川)、宮﨑(香川・香東)3―1松本(藍住東)

第60回四国中学総体の日程などをまとめた特集はこちら
https://www.topics.or.jp/feature/juniorsoutai2022/shikoku