運送クレーンリース業の佐々木運輸機工(阿南市)は、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に積極的に取り組むことを誓う「SDGs宣言」を策定した。

 労働災害の防止のために、社員一人一人へ安全衛生に関するさまざまな機会を提供することに努めることなどを盛り込んでいる。阿波銀行が策定を支援した。

 主な取り組みは次の通り。

 【職場の安全衛生の向上】

 ・業界トップクラスの安全体制構築

 ・クレーン運転業務従事者の安全衛生教育

 【働きがい】

 ・1年以上の在籍者に対して、特殊クレーン免許取得費の全額補助

 ・熟練工による現場対応能力の教育や指導

 【移動・輸送における環境配慮の推進】

 ・エコモード搭載クレーンなどの低公害車導入率を2030年度までに30%以上に

 【地域活性化・地元人材の活用】

 ・地元人材の雇用率を25年度までに90%以上に

 ・中途採用社員を5名以上に