7月16日のDeNA戦で2ランを放つヤクルトの村上=横浜スタジアム

 7月16日のDeNA戦で2ランを放つヤクルトの村上=横浜スタジアム

 セ、パ両リーグは10日、7月の月間MVP賞を発表し、セは阪神の西勇とヤクルトの村上、パは西武の水上とオリックスの吉田正が選ばれた。村上は6月に続いて2カ月連続3度目、吉田正は5度目、西勇はセでは2度目、水上は初受賞だった。

 村上はいずれもリーグトップの8本塁打、長打率7割4分2厘、出塁率4割7分1厘に加えて、リーグ最多に並ぶ17打点を記録。2年連続で両リーグ最速の30号本塁打に到達した。7月31日の阪神戦では3打席連続でアーチをかけ、8月2日の中日戦でのプロ野球史上初となる5打席連続本塁打につなげた。