第2次岸田改造内閣が発足した10日、徳島県内の経済関係者からは、物価高騰に苦しむ中小零細企業への支援や、周辺諸国との関係悪化の回避などを求める声が上がった。

 「ベテランをそろえ、派閥にも配慮した堅実な布陣」と顔ぶれを評したのは、県中小企業家同友会の島隆寛代表理事。10月からの最低賃金の大幅な引き上げに関心を寄せており、「賃上げに反対はしないが、物価高で経営環境は厳しい。支援制度を充実させてもらいたい」と訴えた…

徳島新聞電子版への会員登録・ログイン
続きを読むには徳島新聞電子版への登録が必要です。紙面購読されている方は電子版併読プラン、購読されていない方は電子版単独プランにお申し込みください。