JR四国は10日、スマートフォンで切符を購入できる専用アプリを導入すると発表した。企画チケットや一部フリー切符を皮切りに10月ごろからサービスを始める。窓口や券売機に並ぶ手間を省くことで、乗客の利便性を向上させる狙い。

 開始時点で対象となるのは、特急自由席が利用できる「Sきっぷ」や「トク割きっぷ」と呼ばれる企画チケットと同じ区間のほか、フリー切符の一部。瀬戸大橋線と、Sきっぷなどが販売されていない牟岐線は対象外となる。購入できるのは片道自由席のみで、アプリ上でクレジットカードなどを使って決済し、改札時に画面を係員に提示する。

 2023年春には、対象を一般の乗車券や特急券、定期などにも広げる予定。徳島バスと共同経営をしている阿南駅以南については、高速バスの乗車が可能となるフリー切符の販売を検討している。