徳島県は10日、発熱などの症状のある人がお盆期間中に診療や検査を受けられる医療機関を公表した。新型コロナウイルスに感染している可能性があるため「事前に電話で相談してから受診してほしい」と呼び掛けている。

 県が指定する診療・検査協力医療機関378カ所のうち、11~16日は22~282カ所が対応する。公表の同意を得た医療機関の一覧を県のホームページに掲載した。県の受診・相談センターでも、24時間体制で受け入れ先を案内する。電話0570(200)218。

県のホームページ、「県内の『診療・検査協力医療機関』について」はこちら⇒https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kenko/kansensho/5051513/