10日、米ワシントンの連邦議会で記者会見したペロシ下院議長(中央)ら(共同)

 10日、米ワシントンの連邦議会で記者会見したペロシ下院議長(中央)ら(共同)

 【ワシントン共同】ペロシ米下院議長は10日、中国が台湾に軍事圧力をかけていることについて「ニューノーマル(新常態)」をつくり出し、一方的な現状変更を図っていると批判し「そうはさせない」と強調した。「台湾を孤立させることは許さない」とも述べ、台湾を支え続ける考えも表明した。

 ペロシ氏は共に訪台したミークス下院外交委員長、タカノ下院退役軍人委員長らと議会で記者会見した。結果として中国の軍事活動を招いた自身の訪台の理由については「台湾をたたえ、米国との友好を示すためだった」と説明した。